#化学物質過敏症が増えています

愛媛県新居浜市のAPPELです。
今日は皆さんに大切なお話しです。

化学物質過敏症とは

化学物質過敏症は過敏という名が示すように、ごく少量の物質にでも過敏に反応する点ではアレルギー疾患に似ています。

最初にある程度の量の物質に暴露されると、アレルギー疾患でいう“感作”と同じような状態となり、二度目に同じ物質に少量でも暴露されると過敏症状を来たします。

時には最初に暴露された物質と二度目に暴露された物質が異なる場合もあり、これは多種化学物質過敏症と呼ばれます。

化学物質過敏症はこのようなアレルギー疾患様の性格だけでなく、低濃度の化学物質に反復暴露されていると体内に蓄積し慢性的な症状を来たすという中毒性疾患に近い性格も兼ね備えています。
化学物質過敏症は未解明な部分が多い疾患ですが、シンプルに化学物質被害者であり、このようにアレルギー性と中毒性の両方に跨る疾患、あるいはアレルギー反応と急性・慢性中毒の症状が複雑に絡み合っている疾患であると考えています。

今、貴方が毎日使う洗剤、柔軟剤、アルコール消毒剤、芳香剤などの日常生活で私たちが何気なく使用しているものに依存しすぎると身体に蓄積していつかは取り返しのつかない病状に必ずなります。

いえ、実はもう初期段階の方が多いでしょう。
毎日流れている
【抗菌、除菌、消臭、殺菌、ウイルス除菌】のCMを見たことありますか?
それらの成分表示をご存じですか?
第四級アンモニウム塩、塩化ベルザルコニウム、エステル型ジアルキルアンモニウム塩、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムなど数えきれないほどの有害物質を含んだ成分でつくられています。
 
結論から言えば、皮膚炎やアトピー、脳神経障害や自律神経に障害が出ます。まだまだたくさんの症状例がありますが次回に。
発ガン性もあり副腎皮質や肝臓、腎臓障害に悪影響があります。

病院では認めないというより知らない医師がほとんどです。

 https://youtu.be/QLYsHWK47wA
 こちらの無添加美容室と同じ日用品や解毒に優秀な栄養機能食品を取り扱っております!!
同じく、免疫アップスパやDNA細胞修復や解毒に特化した周波数療法も施術できます。
【柔軟剤】はホルムアルデヒドやポリオキシエチレンアルキルエーテル、目に見えないマイクロカプセルの中に発ガン性のある人工香料と接着剤のようなものが包まれています。
一度使用すれば匂いは一生取れないようになってます。しかも柔軟剤を一度使った衣類から1億個のマイクロカプセルが自分の周りで動く度放たれます。
危険はそのマイクロカプセルが鼻から、口から全部肺に溜まるのです。
子供の喘息や肺炎、結膜炎やうつ病が増えてます。
体の中にある善玉菌や常在菌が死滅され感染しやすくなり、少しの風邪で肺炎になりやすくしている原因は日用品なんです
化学物質過敏症にならない保証は日本ではありません。
次回は化学物質過敏症の前兆についてお話ししますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA